格安スマホとは

日本のマスコミは格安simの事を格安スマホと呼ぶので、それにならって題名を格安スマホとしましたが、今日は、格安simの概要について書きたいと思います。


スマホとは本体の事で、simとは電話番号などの情報が入ったカードの事です。

本来、simを差し替えれば、どのスマホも使えるはずなのですが、日本では、特に、そこのところの囲い込みがきついので、色々とロックされていたりします。


今まで、AU、ワイモバイル、DMM(格安)、mineo(格安)と使ってきました。


AUの時は8000円くらい、ワイモバイルで3000円くらい、DMMは2000円くらい、mineoは1800円くらいです。(月5GB)

AUとワイモバイルは、機種代込み。

DMMとmineoの場合、だいたいは、以前に使っていたスマホが使えますので、その場合は、追加0円。

使えない場合、だいたい、2万円ほどだせば、iphoneレベルのスマホは買えますので、その場合は、2年間使うと想定すれば、DMMの月の支払い総額は3000円弱と言う事になります。


AU、ワイモバイルに比べて、DMMとmineoは、やはり通信速度は落ちます。

しかし、yahooのトップで1秒はかかりませんので、速度は落ちるけど、ほとんどの人は気にならないかと思います。

DAZNは問題なく見れました。

ただ、平日の昼休みだけは遅いです。

yahooのトップで2,3秒かかる感じなので、それに耐えられない人は、ワイモバイル辺りがお勧めです。


通話については、基本lineなので、無料です。

通常の通話を使う人も、今は、月額850円くらいで、5分無料サービスなどもあります。

それを使わない場合は、楽天電話などを使えば、AUなどの半額となります。


mineoとDMMなら、じゃっかんDMMの方が早いような気がしますが、大差はないですし、そこは日々変わって行きます。

mineoの凄いところは、パケットが余ったり足りないとき、フリータンクと言うところで出し入れ出来るところです。

さらに凄いことに、ヤフオクなどでの売買も可能です。

1GB辺り、170円ほどの激安価格で売買されています。

たしか、AUなどでパケットを追加しようと思うと、2GBあたり税別2500円くらいだった気がします。


もし、mineoに代えようかなと言う方がいましたら、紹介コードをお教えします。

今なら、お互いamazonのギフトコードを2000円分もらえます。


また、通常3000円かかる初期費用も以下のパッケージを購入すれば、1000円になります。

http://www.yodobashi.com/%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%97%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B3%E3%83%A0-K-OPTI-COM-mineo-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8/pd/100000001002612616/


コメントで質問などいただければ、より詳細な情報もお答えします。

今まで、10件以上は契約してきましたので、そこで経験した事や、今使っている感触などは答えられるかと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック