Jリーグの平日のチケット価格について

Jリーグでは、どこのチームも平日の試合で大きく観客数を減らしてしまいます。
平日に観客数を減らすのは当たり前ではあるのですが、一例として以下の様にチケット価格を調整するだけで簡単に改善出来、大きな効果をもたらす可能性があると思います。

対象試合
平日や、土日でも比較的観客数が少なくなると思われる試合

価格設定
現在多くのチームは当日価格と、前売り価格(500円オフなど)になっていると思いますが、これに加えて、特別価格を設定します。
例えば、全席前売り価格の2割引きなどと設定しても良いかと思います。
テレビの見栄え的にも、今のような、ゴール裏だけ埋まっている、と言うような状況にならないように設定。

効果
価格を下げて、観客数が増えて、入場料の総収入は変化します。
例えそこで減収となったとしても、観客動員により広告の価値が変わるので、そこの影響は大きいかと思います。
また、近年苦戦しているACLは、だいたい平日に行われ、観客数が少なく、あまり、ホームアドバンテージを活かせていないかと思いますが、その点も改善されます。
土日なら高いけど、安い平日なら行ってみても良い、と言う人を呼ぶことも出来るかもしれません。

近隣の飲食店や、公共交通機関の使用も増える事を考慮すれば、自治体から補助金を出して、平日の値下げを促すのも良いかと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック