日本の陸上 中・長距離界の問題点

前回のブログでは、日本の陸上 中・長距離界が壊滅的である理由をお伝えしましたが、今回は、その問題点を書きたいと思います。
まず、前提として、世界の陸上界の常識として、若い内はスピードを着けて、年と共に距離を伸ばしていくというものがあります。
それに対して、日本の場合は、駅伝偏重であることから、若いうちから、長い距離に対応させられます。
駅伝の場合は、たとえ距離が混在していたとしても、長い距離の方が当然重要な区間となるので、例えば、有力な中距離ランナーが長距離ランナーへと変えられていきます。(適正も無視して)
また、駅伝と言うのは、基本的に、一人で走るものであります。
日本以外の国では、他者と競って、駆け引きや、ペースのアップダウンを繰り返しながら、1位を目指す競技でありますが、駅伝は、ただ、淡々と時計だけを見ながら走る競技であります。

おそらく、駅伝がなくなって、みんながトラックレースをするようになって、今と同じだけの人気を維持できれば、800mから、マラソンまで、全ての種目で、メダル狙う事も可能となるでしょう。
しかし、テレビ局を頂点とした利権を崩すのは不可能なので、折衷案を提案したいと思います。

次回は、箱根駅伝の改革案を書きます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック