箱根駅伝改革案

箱根駅伝現状
10人のランナーが各20Kmを走る
マラソンにも、中長距離にも中途半端で、かつ、レースに弱いランナーが量産されている
20kmや、ハーフマラソンと言う種目は、オリンピックにも世界陸上にも存在せず、有力な大会も存在しない。

問題点
中距離ランナーまで、20kmを目指す点 
区間が多すぎて、3区以降はほぼ、同レベルのランナー同士の競り合いがない 

改善案 
1部 初日 8時から13時 25km程度 5区間
2部 2日目 8時から10時半 約10km 5区間
3部 2日目 11時から12時すぎ 約5km 5区間

各部は独立した大会とし、各順位の合計により総合順位を決める(1位20ポイント、20位1ポイント) 

メリット 
短い区間の部もあるので、1500mのランナーが20kmを走らされるようなことがなくなる 
スタートが3度あるので、常に接近戦が見られる 
マラソン、トラック、両方のランナーの育成に繋がる 

ポイント
高校駅伝のように距離が混在すると、結局有力ランナーが長距離区間に配置されるが
このように、3部制とすることで、それを防ぐことが出来る(短い区間は価値が低い、と言う事がなくなる)
3部に区切る事で、中だるみを防ぎ、3度レースが見られる
また、3冠や、2冠達成などの見所を作れる
面白さを維持したまま、各距離で、世界で戦えるランナーを育成出来る
本当は、駆け引きの育たない駅伝はやめたほうがいいのですが、人気もあるので、妥協案として提案しました。
10区間に比べれば、5区間だと、まだ、競り合いの要素も残る
現在の箱根と同じ道のり距離、日にちで実施出来る為、歴史や、利権にも配慮。
箱根の山下りを、危険な早朝から、昼にシフト出来る。
※上りと下りが同時に行われる為、センターラインを超えない様に徹底する。(上りがセンターラインに寄るようなコーナーであれば、下りは離れるはずなので、危険性はないはずだが、どちらかを箱根新道に迂回させても良いかと思う)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック