今里筋線について

大阪市営地下鉄の民営化に伴って、今里筋線の南部延伸問題が話題に上がっていました。


今里筋線は赤字路線なので延伸すべきではないと言うものです。

代わりに、南部延伸区間には、BRT(バス高速輸送システム)を計画しているようですが、直進するのに途中で乗換えとなると、利用は避けられると思います。


今里筋線は、そもそも多くの乗客を見込めない場所に作っているのですが、他の問題として、路線が短かすぎる為に利用者が伸びていないと思います。


とは言え、長く路線を伸ばすには大金がかかります。


しかし、実は地図を良く見てもらうと分かるように、井高野駅から、北に一駅伸ばすだけで、いっきにJR京都線、阪急京都線と言う、かなり乗客の多い2路線と接続されます。


逆に、なぜ、ここに接続していないのかは不思議な話ですが、おそらく、大阪市営地下鉄だから、市外に出れなかったのでしょう。

(市外に出ているところも、いくつかあるので、その辺りは、都合の良い、謎のルールがあるのかもしれません)


要約すると、北側に一駅延伸するだけで、かなり乗客が増えると思います。

そうなると、南部に延伸する可能性もあります。

南部に伸びると、さらに乗客が増える可能性もあります。

北側の鉄道空白地帯に延びる可能性もあります。


もし延伸出来ないのなら、逆に廃止を検討しても良いかもしれません。

作ってしまった以上、別の活用方法を探したり、潰してしまうのも難しいですが。

本当は、最初に、ちゃんと考えるべきでしたね。

海外だと、オリンピックのスタジアムとか、大会終了後に減築とか、用途の変更とかしてますけど、地下鉄だと、水害対策の貯水槽とか、くらいしかないのかな?

難しいですね。



オレンジ色が今里筋線
北側の青いのは、私案の延伸案
南側の青いのは、正式に決まっている延伸案

今里筋線.PNG

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック