Jリーグの観客動員を増やす方法

DAZNの巨額放映権のおかげか、今年のJリーグの観客動員は過去最高に迫る勢いとなっています。
しかし、J1で平均2万人までは、まだ少し足りません。

J1で平均2万を達成する方法として、いくつかあるとは思いますが、底上げする方法を考えたいと思います。
J1では、観客動員下位3チームが現在、平均観客動員数、1万1千人台となっています。
このうち、柏と大宮は、完売しても1万5千人も動員できない状況です。

改善案としては、J1,J2,J3それぞれ以下の規定を設けたいと思います。
・観客動員が最低となり、かつ規定のラインに達しなかったチームには、均等分配金を与えない。

均等分配金とは、以下の通り、全チームがもらえる分配金の事です。
J1 3.5億円
J2 1.5億円(J1から降格してきたチームは降格救済金と合わせて2.8億円となる)
J3 0.3億円(J2から降格してきたチームは降格救済金と合わせて1.2億円となる)

規定のラインをどこに置くかは難しいですが、一例として、以下の値あたりに定めてみても良いかもしれません。
動員最低とならなければ、この値を下回っても分配金をもらえるので、以下の通り多少厳しくても良いと思います。
J1 1万5千人 
J2 5千人
J3 2千人


観客動員と言うのは、チーム経営の観点から言えば、チーム力の強化よりも重要なものです。
今は、観客動員が最低のチームも平等に分配金がもらえるので、ある意味、護送船団方式で、動員に対しての努力が促されてないと思います。
この規定が出来れば、動員に対する努力を各チームがより行うと思います。
柏や大宮は、客席を増設したり、集客の見込める試合のみ、会場を変更したりするでしょう。
甲府や山形など、地方のチームは、球技場化など、スタジアムの魅力を増やす事で、動員増を目指すでしょう。

分配金の支払いが5.3億円節約される事になりますが、その使い道としては、有効なものがいくつもあります。
例えば、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)でグループリーグを突破したチームに与えれば、Jリーグ勢の成績が改善されて、世界でのJリーグの地位の向上となります。
陸上競技場に稼動席や仮設席を設置したり、球技場建設の費用の足しにするのも良いかと思います。

もし、全チームが規定のラインを上回ってしまうと、それはそれで、リーグとして、かなりの増収になるので良いでしょう。
また、規定のラインは、常に調整すべきだとも思います。

まずは、J1の平均観客動員2万人を目指して欲しいと思います。

Jリーグの観客動員(J1)

Jリーグの観客動員(J2)

Jリーグの観客動員(J3)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック