長居公園通りの渋滞原因

大阪市南部を東西に走る主要幹線の長い公園通り。
そこまで渋滞が激しい道路ではありませんが、踏切が2箇所続く箇所があり、そこでは、当たり前のように渋滞しています。
一つは南海高野線(複線)、もう一つは阪堺電車(複線 路面電車 一両)
そもそも踏切では電車を優先するのが当たり前ですが、それは何故でしょうか?
通常、電車は、6両から8両ほどで走っていて、一両辺りの乗車人員もかなり多いため、車に対して優先する事の合理性もあるような気はします。
しかし、阪堺電車と言う路面電車は一両で運行されていて、車体も電車に比べるとかなり小さく、満員になるわけでもなく、ほとんど、バスと変わらないようなものです。
そのわずかな乗客の為に、多くのバスや乗用車やトラックなどが、踏み切りで待たされている現状は、合理的ではないと感じます。
そこで、次のように改善すれば、全体として、効率良く運行出来るのではないでしょうか。
・路面電車側にも信号をつける
・道路側の信号が青のときは、一時停止なしで通過出来るようにする

色々考えてみたのですが、東京では、すでにやってました・・・
なぜ、東京では出来ていて、大阪では出来ていないのか疑問です。
https://trafficnews.jp/post/66800/

長居公園通りの踏み切り.PNG

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック